“においはその人の印象を大きく作ります。職場で苦手な人がいますが、その人のにおいによってその人に対する気持ちが変わります。例えばその人が舐めている飴のにおいがすると、非常に不快になります。

逆にその人がすごくいい匂いのコーヒーを飲んでいると、苦手意識が自然に薄くなします。こんな風に自分もに良いによって印象が変わると思っています。

においについては「口臭や汗のにおいがしないようにすること」と、「化粧品や香水の匂いをきつくしないこと」を心掛けています。口臭や汗のにおいはすると人を不快にさせてしまします。人として歯を磨く、清潔な衣類を身に着ける、入浴するということをしっかり行っています。

特に口臭についてはニンニクなどのにおいのきついものはその後の予定を考えて食べるようにしています。また、デンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れを取るようにしています。これが一番臭いです

化粧品や香水はしすぎると相手を不快にさせてしまします。化粧品は薄付けにして、香水は自分にしかわからないくらいの量をつけています。香水は自己満足だと思っているので、首元に少量つけています。